私たちは日常なにげなく使用できるヘンプ(大麻)製品の開発および普及を通して貢献していきたいと考え活動している団体です。
協会の活動
[協会の活動TOP]
[協会について、設立主旨]
 ┗[協会の仕事]
[普及活動リポート]
(企業の対応)
[ヘンプカー] [カフェ麻心 ]
(由比ヶ浜)
[居住空間プロデュース] [ヘンプペーパー (大麻紙)]
 ┗[出来るまで]
 ┗[名刺を作ろう]
[大麻免許取得サポート]

第1回 カマクラ 大(おおいなる)麻祭り
去る、2002年6月22日に、鎌倉の鎌倉宮(大塔宮)にて行われた「第1回 カマクラ 大(おおいなる)麻祭り」は好評のうちに終了しました。皆様ありがとうございました。

[6月22日鎌倉宮の模様] (クリックすると動画がご覧になれます。)


見て触れる古くて新しい環境素材「麻」
2002年6月22日(前夜祭21日夏至21時より) 雨でもやっています。

「この度、鎌倉の鎌倉宮(大塔宮)にて、オーガニックと環境を考える新しいお祭りが開催されます。麻は縄文の時代より日本人の生活には無くてはならないものでした。
麻の繊維は衣服に、種は七味唐辛子や食用にと、広く使われてきましたが、いつしか石油製品に押され姿を消していきました。麻は幣の起源と言われ、神社では、しめ縄や鈴縄で現在も使われており、ここ鎌倉宮でも見ることができます。
日本人が忘れかけている自然と一体に生きる知恵や心を「麻」をテーマに「思い出そう・取り戻そう」とこのお祭りは考えています。
6月21日は夏至ですが、夏至はハワイ語で「カマクラ」といいます。
太陽が一番エネルギーを持っているこの時期に、現在、日本を縦断中の麻の油で走る車「ヘンプカー」がこの地を通ることに意味を感じています。
どうぞ、皆様お誘い合わせの上、童心に返って、古くからの日本人の知恵に触れてみませんか?
そして、少しだけ地球にやさしい生活をしてみませんか?」
前夜祭 2002年6月21日
17時より
住工房「なお」にて石釜を使ったヘンプピザ焼きパーティー
参加費1500円ワンドリンク付き
第一部 2002年6月22日
10時より16時まで
会場 鎌倉宮
入場無料 (参加費 実費)
10:00 ヘンプカー奉納
11:00 ワークショップ等出店 開店
ヘンプ柿渋染め体験会・ヘンプ塗り壁体験会・ヘンプのミニ畳体験実演
オーガニックとヘンプフードが食べられる露店等
12:00 Liveスタート
出演アーティスト Chasin'Dragon ヘンプカー・バンド? 他 参加者・サポーター募集中!!
14:00 「日本人と麻」講演会 ヘンプカー実行委員長 中山康直
16:00 第一部終了
第二部
18時より深夜未明まで
会場 The Organic & Hemp Style内 Cafe「麻心」
参加費 2000円(軽食付き)
17:30 会場OPEN
18:00 響明晶によるクリスタルボール演奏会
「アロマの香りとクリスタルボールの響で皆さん一緒に、太陽に感謝いたしましょう。」
19:00 ????????
21:00 DJ GOROLYN 「レゲエ・マスター」
深夜まで
鎌倉宮について 鎌倉宮は、鎌倉駅から京急バスの大塔宮行きのバスで10分ほどで着く終点で下車します。
荏柄天神社から徒歩数分の距離です。鎌倉宮は、後醍醐天皇の第一皇子であった大塔宮護良親王(おおとうのみやもりながしんのう)を奉った神社です。 護良親王は後醍醐天皇とともに鎌倉幕府を倒し、建武の中興を成し遂げました。このとき古来からの厄除けのお守りであった獅子頭を護良親王は、兜につけていたそうで、今では災いを避け幸運を呼ぶお守りとしてここ鎌倉宮で売られています。
建武の中興を後醍醐天皇とともに成し遂げた護良親王は、後に足利氏に捕らえられてしまいました。社殿の裏手にある土牢は護良親王が幽閉されたと言われています。 ところで鎌倉宮は、鎌倉の神社にしては新しく明治2年(1869年)に護良親王の非業の死に思いをはせた明治天皇が建立されたのだそうです。鎌倉宮という名前も明治天皇自らがつけた名前だそうです。天皇家とは所縁が深く毎年天皇家がお参りにお見えになることでも有名です。
交通
徒 歩▼江ノ電・鎌倉駅 徒歩20分
バ ス▼鎌倉駅・東口バスのりば/8番のりば
上大岡駅行き、大船駅行き、本郷台駅行き、各路線、鎌倉八幡宮下車、徒歩10分
京急バス 大塔宮行き、大塔宮(終点)下車
▼大船駅・東口交通ターミナル/6番のりば
鎌倉駅行き鎌倉八幡宮下車、徒歩10分
拝 観▼9:00〜16:30 境内拝観自由 土牢・宝物殿拝観300円
協力:鎌倉宮
後援:NPO法人 ヘンプ製品普及協会
お問い合せ:かまくら大麻祭り実行委員会
住工房なお tel.0467-39-3630 鈴木直子 tel.090-1116-4289 (E-mail)
“カマクラ”はハワイ語で“夏至”という意味。
こらからも6月の夏至にカマクラで、新しいモノ・ヒトが出会うお祭りを続けていきます。
[協会の活動TOPへ]
[インデックスへ]
H.P.S.A. ウェブサイト内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright (c) 2001 H.P.S.A. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.